吉野杉との出会い

吉野杉の森

日本三大人工美林の中でも最も古く500年の歴史を持つとされる「吉野杉」。

山に植林する苗木は、この土地に合った吉野杉の大木から種をとり、実生(みしょう)から育てて山に植えられ、「吉野式」「吉野林業」と呼ばれる独特のスタイルで育てられます。

その最大の特徴は “密植多間伐(みっしょくたかんばつ)” とよばれる、植林・育林方法で、1ヘクタールあたり1万本前後(1m間隔)という、通常の2倍程の高密度で苗木が植えられます。

高密に植えることによって、スギの苗木どうしが競争して真っ直ぐに育ち、林の中が暗くなるので、自然に枯れ枝が落ちるようになります。また、枝が偏って付くのを防ぐことにもなり、断面が真円に近い杉に育ちます。

節の少ない吉野杉はこのようにして作られてきました。

 

 

木が大きくなるにつれ、木を間引く間伐(かんばつ)を何度も繰り返し、密度を調整しながら育てていきます。

吉野杉の森は200250年もの年月をかけて完成すると言われています。
 
 

山主と山守

原木市場に並んだ吉野杉や吉野桧を見ると、スタンプのような様々な「刻印」を見ることができます。

これは、その木がどこの山で育ったのか、だれが手入れしたのかが、わかるマークです。

 

吉野では「山守制度」によって林業が営まれています。

「山守制度」とは、山を所有する者(山主)と山を管理する者(山守)を分ける管理制度のことで、山主に代わり、山守が現場で木を育てる役割を担います。

山守は山主から世話代をもらい、地元の人を雇用して山の手入れを行い、一生懸命に木を育てます。

こうした山主と山守の信頼関係が、何世代も引き継がれることによって、山が丁寧につくりあげられ、吉野の木の高い付加価値を生み出しているのです。

現代では山主と山守の関係も変わりつつありますが、これからも吉野の山づくりと上質で美しい木材は、継承されていくでしょう。

代々、山主、山守に加え、山行(やまいき:作業員・技術者)、という3者の関係で営まれてきたそうです。

 

トレーサビリティ

丸太に押されている刻印は、山主または山守のものがほとんどですが、原木市場でこれを見れば、どの山主の山のものか、どの山守が伐ったか、ということがわかります。

木の品質は、育った山の環境や手入れの具合に左右されるので、刻印を見てその吉野杉の品質を予想できるというわけです。

近年、違法伐採の取り締まりや、産地証明のためにトレーサビリティ(出処や生産者、加工者がわかること)が重視されていますが、吉野林業では昔から、木の品質を見極めるために刻印が押されてきたのでした。

産地が明確になっていることも、吉野杉の特徴といえます。
 

守られてきた山

奈良の木の品質をつくり出すのは、山で木々を育成する生産者だけではありません。

大切に育まれた木は山で伐採された後も丁寧に搬出・加工され、その性質を活かした材料として、人々の暮らしに用いられていきます。

奈良の山にはいまでも200年前、300年前に植えられた木々が、どっしりと立ち並んでいます。 何世代も前の人たちが植えたこの大きな木を伐るときには、自ずと先人が育てた木と山への深い感謝が伴います。

「山守」は、切り倒された立派な原木の材質を、熟練の目で見極め、最も高値がつく長さにカットします。ここでようやく、中央部の赤身と周辺部分の白太の美しい切り口が顔を出します。

いまでは主にヘリコプターで集材しますが、実はこの方法にはかなりの費用がかかり、ともすれば木が売れる値段より、山から木を持ち出す費用のほうが高くついてしまう現実もある、と伺いました。

「何百年も前から、大切に守られてきた木と山を次の世代につなぐためにも、山の手入れは一切妥協を許しません。」と清光林業株式外社 岡橋氏よりお話をお伺いしました。
 
 

吉野杉の特徴

吉野杉は、一年ごとに成長してゆく年輪の幅が一定で、緻密(1mm3mm程)なため、他の地方の杉よりも強度があり、色つや、香りが良く、美しい淡紅色をしています。

豊かな芳香がリラックス効果を産むだけでなく、浄化効果もあり、心と体を落ち着かせ、心地よい空間をつくります。

また、軽くて柔らかい木そのものが呼吸をし、水分をたくさん吸って、湿度を調整する作用があります。湿度の高い時は除湿を、乾燥時には加湿をしてくれます。

同時に、空気中の二酸化窒素やホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着し、空気をきれいにしてくれるのです。

 

特性を最大限に活かして 

独自の木口スリット加工を施すことによって、吉野杉は、その累まれない鎮静・浄化効果を発揮します。 

また吉野杉には、カビの生育抑制、ダニの発生抑制、大腸菌の増殖抑制と、いずれも私たちの「健康」を守るうえで重要な効果があると実証されています。

他にもインフルエンザウイルスの不活性化などの研究効果が認められています。

私たちの暮らしに森林のもたらす効果を、見直す動きが強まっています。

吉野杉木口スリットを用いて様々な場面への提案として空気を浄化する衝立や壁掛け、ベッドのヘッドボードにかけられるヘッドボードや、大切なペットたちへのベッド等製品の開発が進んでいます。
 

 

「今、山に樹齢200年とかの木があるのですが、つまり我々は7代前の山守たちのおかげで生きていけてるんです。

だから先祖代々受け継いできた大切なものをどこも持てあますことなく届けて行きたい。」

 

吉野川上村で伺ったお話から、私たちも自然の一部であるだけでなく、続いてきた長い年月の中で、この一瞬に出会い、その大切な歴史の一部を担っているのだと気づかせていただけたような気がしました。

 

メディ・フュージから

そして、私たちにしかお届けできないもの、ぜひとも作って頂きたいものを提案させて頂きました。

 

・どこにいてもアーシングできる無塗装 吉野杉板アーシングトレー(手首に症状が出やすいことからアームレストとしっかりとしたフットレスト)

・赤ちゃんからお年寄りまで、安心して五感で感じていただける商品 

 〜お風呂様 足湯用 吉野杉ボールなどの小物類

  視覚、触覚、嗅覚を刺激し、脳へのアプローチも期待されます。

・引き出しや押し入れなどの防虫用

・お部屋の芳香用オブジェとしての小物たち など。

 

ひとつひとつゆっくりと、形になったものをお届けしていきたいと思っています。どうぞお楽しみに。